一人一人の柱の強さが問われる場所で「今よりもっといいもの」を目指す

デザイナー

井斉 花織

Isai Kaori

2018年静岡文化芸術大学デザイン学部卒業後、新卒でアップルップルに入社。現在は受託案件のデザイン作成や自社イベントの広告、ノベルティなどの製作に携わっている。

簡単に自己紹介をしてください

受託制作のWebデザイナーの井斉花織です。皆さんからはいおり、いおりんと呼ばれています。

お仕事ではワイヤーフレーム、デザインカンプ等の作成をメインでしています。
スピード感のあるプロジェクト進行が性に合っているので、定期的にミーティングに出席してお客様と対面でお話しすることも多いです。
最近はサイトマップ作成したり、CMSを使ってサイト構造を整えたりもしています。

プライベートは舞台と猫と推しで生きてます。

デザイナーなのにデザイン以外のお仕事もしてるんですね。

そうですね、多い方かもしれません。

アップルップルのプロジェクトは1役職1人体制が多いのですが、そうするとどうしてもエンジニアさんの負担が増えてしまって。
だからエディタでコードを書かなくても進めていけるお仕事はデザイン以外でもガシガシやってます。
印象に残っているのは総量1000行弱ほどのリダイレクト設定を書いたこと。大変でしたがそれ以降のリダイレクト作業が楽に思えるようになったのでよかったなと。笑

では、お仕事の楽しさややりがいはなんですか?

今よりもっといいものを目指して、クライアントさんと伴走しながら作っていくのが楽しいですね。
あとはパソコンに向かって構想した理想形が、実際に「使われるもの」として命を吹き込まれていく過程も毎度ながらうおおぉとなります…!

納品した後に感謝の声をいただくことも多く、やりがいもダイレクトに感じます。

では反対に大変なことは?

納期です。(超現実的になってしまってすみません!)

あとマークアップの補佐に入っていた時は、バグに対してどう解決したらいいかわからずいっぱいいっぱいになってました…。
でも弊エンジニアさんに相談したら華麗に解決してくださいました。心強いです。あっぱれ。

アップルップルに入社する前は何をしていたんですか?

ITとは全く無縁の学生でした。大学で建築を学んでいて、課外活動では舞台を作っていて。
実はアップルップルに初めて足を運んだ時には「HTML」という言葉すら知らなかったという…。
100%ポテンシャル採用だったと思います。

え?じゃあ転機はいつだったんですか?

就活の時に受けた診断でたまたまWebデザイナーの適性が高く出て、そこから調べていって興味を持ちました。
構造設計、使われ方、ビジュアライズと「強・用・美」が揃っていたのも建築に似ている気がして。

それまで学んできたことを手放すのは若干の勇気が要りましたが、
思えば小さい頃からものづくりの軸は一貫してたけど、そのアウトプットの方法はジャンルを問わなかったなと。
だから割とワクワクしながら新しい領域に飛び込みました。

では、その中でもアップルップルを選んだ理由はなんですか?

一人一人の柱の強さが問われる場所だったから。

就活をしている時、色々な会社を見て「組織の中の歯車の一部にはなりたくないな」と感じました。
そんな中アップルップルを見つけて、代表の一道さんにお話をうっかがったり、アップルップルの先輩たちとご飯をご一緒した時に、かなり個人の力を感じました。
「会社の中で〇〇をする」というスタンスを飛び越えて、一人一人が技術ブログで発信していたり、社外のセミナーに登壇していたり。
学びを自分ごと化するのが推進されている風土が、想像していた普遍的な会社のイメージといい意味でかけ離れていて、すごく面白そうだなと。

そのイメージは実際に入社したあとはどうでしたか?

変わらなかったです!業務でも社員一人一人の声が大事にされますし、求められている感覚もあります。

一つ思ったのは、会社の事業内容もそのカルチャーの形成にすごく関わっているなと。
アップルップルはサイト制作意外にも、CMSの開発、イベント運営、コワーキングスペース運営といった事業を通して、常に広いネットワークに触れることができます。
私自身も社会人1年目の時に、業界で著名な方や、社外の経営者さんと直接お話しさせていただく機会が多くありました。
そこで各個人が得た気づきや所見を会社にも持ちより、業務に活かす。
成長する環境としては申し分ない、とても気持ち良いサイクルが成り立っているなと思います。

では、これからどんな人が仲間になって欲しいですか?

仕事を楽しみたい人!

SNSなどを見ていると、仕事をポジティブに捉える人とネガティブに捉える人が二極化しているように思います。
もちろんどこで何をやるかにもよりますが、長い長い社会人生活、私はせっかくなら仕事を通して自己実現ができるくらいには楽しみたいです。
想いがあれば行動が生まれて、行動ができればスキルはついてくると思うので、一緒に気持ちよく前進していきたいですね。

あと個人的には、今のスタッフは聞き上手が多いので話し手が増えるともっと活気も出てくるのかなって思います!

最後に自由に一言どうぞ!

就職してから、この道を選んだ過去の自分を褒める機会がよくありました。笑
この記事を読んでくださっている方も、形はどうであれ自分の選んだ場所や生活に対して「この選択をしてよかった」と思えるような未来があるのが一番良いと思います。

そのために、たくさん悩んで、たまには直感を信じて、色々なものに飛び込んでみてください。
その過程で、アップルップルのことを少しでも「面白そうだな〜」と思っていただけたら嬉しいです!


担当した制作事例

Webにまつわるすべて お任せください

こんなお手伝いができます

Webコンサルタントとしてのお手伝い/UIデザインのご相談/デジタルメディアの総合プロデュース/パンフレット・DMなどのDTP、ロゴ制作などのビジュアルデザイン