スタッフブログ

Google Maps を利用するために必要なクレジットカード番号を設定する方法

新しいサービス、Google Maps Platformについて

Google Maps APIは2018年7月16日より Google Maps Platformという新しいサービスに統合されることになりました。今までのGoogle Maps APIのプランではスタンダードプランとプレミアムプランでわかれており、スタンダードプランの場合だとAPI利用の制限はありますが、APIキーの登録だけで利用することができました。しかし、Google Maps PlatformというサービスではGoogle Maps APIの利用にクレジットカード情報の登録が必須となります。
クレジットカードを登録していない場合、以下のようにGoogle Mapが表示されてしまいます。


この記事では、すでにAPIキーの取得は済んでいることを前提にしてクレジットカード情報の登録方法についてご紹介します。

まず、こちらのURLにアクセスします。
https://console.cloud.google.com/

サイト左上のプルダウンメニューからGoogle MapsのAPIキーを取得済みのプロジェクトを選択します。


画面左上の3本線メニューアイコンをクリックし、サイドメニューを表示し、その中から「お支払い」を選択します。


その後、下のような画面に遷移しますので利用規約を確認し、「同意して実行」をクリックしてください。


その後の画面で、支払者の情報を入力します。


クレジットカードの情報が入力できたら下の「無料トライアルを開始」というボタンをクリックしてください。


これでクレジットカードが有効化でき、Google Maps APIが通常通り使用できるようになりました。

料金体系について

Google Maps Platform では毎月200ドル分、無料でAPIを利用できます。静的マップの読み込みだと100000回、動的マップの埋め込みだと28500回分に相当します。


なお、APIの使用料に関する料金体系はこちらにまとめられているので参考にしてください。
https://cloud.google.com/maps-platform/pricing/sheet/?hl=ja


お気軽にお問い合わせください