日本語を扱うCMSシェア 2022年5月版

W3Techs.com では、日々の CMS (Content Management System) のシェアとして Usage statistics of content management systems が公開されています。WordPress のシェアが 2022年2月の 65.3% から3ヶ月連続で減少してきている状況ではありますがダントツの1位を独走は変わりありません。今月数値が上がっているのはノーコード系の CMS の2つだけで Wix 3.4% と +0.1%  、Jimdo +11位up で、それ以外については大きな変化はありません。

Distribution of content management systems among websites that use Japanese (日本語を使用するWebサイトにおけるコンテンツマネジメントシステムの分布)

日本国内での CMS シェアを知るには、 Distribution of content management systems among websites that use Japanese のページに掲載されている情報「日本語を使用するWebサイトのCMSシェア」の方が、より身近なシェアになるのではないでしょうか。世界でのシェアでは3ヶ月減少してきている WordPress ではありますが、日本国内では 84.1% → 84.4% と3ヶ月連続で増えております。


2位の Adobe Systems は、Adobe Dreamweaver / Adobe Experience Manager / Adobe Muse / Adobe GoLive / Adobe PageMill の合計になっております。

日本国内シェアと世界シェア比較

2022年5月1日時点の国内シェアと世界のシェアのランキングの表を掲載しました。



Japanese Share Japanese Rank CMS  World Share World Rank
84.408% ↑ 1 WordPress 64.2% ↓ 1
2.550% ↓ 2 Adobe Systems 1.6% 7
2.070% ↑ 3 Shopify 6.5% ↓ 2
1.962% ↓ 4 EC-Cube - -
1.576% ↓ 5 Livedoor Blog - -
1.354% ↑ 6 Color Me Shop - -
1.263% ↓ 7 MakeShop Japan - -
1.145% ↑ 8 JustSystems Homepage Builder - -
0.679% ↑ Jimdo 0.1% 38 ↑
0.582% ↓ 10 Futureshop - -
0.355% ↓ 11 Drupal 1.9% 6
0.351% ↑ 12 ↑ a-blog cms - -
0.333% ↓ 13 Movable Type - -
0.328% ↓ 14 ↓ Wix 3.4% ↑ 3
0.287% 15 ↑ WebSphere Studio - -
0.283% ↓ 16 ↓ Zendesk 0.2% 30 ↓
0.231% ↓ 17 Gatsby 0.3% 21
0.207% ↓ 18 Concrete CMS 0.1% 44 ↓
0.199% ↓ 19 XOOPS - -
0.189% ↓ 20 HubSpot CMS 0.4% 17

弊社では W3Techs にサイト上に公開されている数値より細かい数字を共有いただいています。( Japanese Share については数字が細かいところまで掲載しております。)

WordPress・EC系を除いた CMS 比較

JimdoDrupala-blog cmsMovable TypeWix の比較を、夏からの情報でグラフに紹介しておきます。先月に続き Jimdo が上向きに大きく増加し、DrupalWix が同じくらい下がり 11〜14位は混戦模様です。


あまり大きな変化は無いですが、Distribution of content management systems among websites that use Japanese が他のサイトで扱われるようになるまで定期的に情報を掲載していきたいと思います。


シェアする

Webにまつわるすべて お任せください

こんなお手伝いができます

Webコンサルタントとしてのお手伝い/UIデザインのご相談/デジタルメディアの総合プロデュース/パンフレット・DMなどのDTP、ロゴ制作などのビジュアルデザイン